慶大・手銭 決勝二塁打&好リード

[ 2011年6月2日 06:00 ]

東京六大学野球新人戦第2日 慶大2―1早大

(6月1日 神宮)
 準決勝2試合が行われ、慶大は手銭(てぜん)が今春リーグ戦の汚名を返上する活躍を見せた。1―1の8回1死三塁から右中間へ決勝二塁打を放った。

 リーグ戦では今季唯一の出場となった5月14日、明大1回戦で途中出場で捕逸と打撃妨害を記録して敗戦のきっかけとなっていただけに「早く払しょくしたかった」と安どの表情を浮かべた。捕手としても3投手を巧みにリードして1失点に抑えて「先輩たちがキャッチング指導をしてくれたおかげ」とはにかんだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年6月2日のニュース