万雷の拍手で与那嶺氏と別れ…星野監督「良いチームつくります」

[ 2011年5月27日 16:34 ]

 プロ野球巨人、中日で活躍し中日では監督も務め、2月に前立腺がんで死去した与那嶺要氏のお別れの会が27日、東京都内の教会で行われ、巨人元監督の長嶋茂雄氏やソフトバンク前監督の王貞治氏ら約400人が参列した。

 戦後初の外国人選手としてスライディングなど米国仕込みの激しいプレーで活躍。王氏は「全てを教えてくれ、野球人生が大きく変わった。与那嶺さんの加入は、プロ野球発展の節目の一つ」と述べた。

 巨人のセ・リーグ10連覇を阻止した中日で、監督と選手の立場だった楽天の星野仙一監督は「ウォーリー(与那嶺)・イズムを楽天で教えたい。良いチームをつくって必ず報告します」とあいさつ。最後は、出席者全員が立ち上がり、球場を思わせるような万雷の拍手と大歓声に包まれる中で別れを惜しんだ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年5月27日のニュース