ロッテ、マクローリーを自由契約…新助っ人調査へ

[ 2011年5月26日 06:00 ]

 ロッテの石川晃球団運営本部長が25日、新外国人野手を調査する意向を示した。

 金泰均(キム・テギュン)、サブローが故障、大松も不振で2軍調整中。試合前までリーグ5位のチーム本塁打13と長打力を欠いており「外国人打者は難しいけど、考えなければ」と話した。また、右肩を痛めて3月に米国へ帰国していたマクローリーを自由契約に。同本部長は「クリーニング手術を受ける。秋季キャンプで肩の状態を見て、良ければ再契約する」と説明した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2011年5月26日のニュース