上原が日米通算1500奪三振を達成

[ 2011年5月20日 06:00 ]

<オリオールズ・ヤンキース>日米通算1500三振を達成した上原

ア・リーグ ヤンキース4―1オリオールズ

(5月18日 ボルティモア)
 オリオールズの上原が日米通算1500奪三振を達成した。1―1の10回に5番手で登板。先頭のヌネスを空振り三振で節目の記録に王手をかけると、次打者に左前打を許したが、ジーターを速球で空振り三振に仕留めた。

 「ヤンキース戦は燃えるものがある。いいアピールにはなると考えている」と振り返った右腕はグランダーソンもフォークで空振り三振と1回1安打無失点で3三振を奪った。しかしチームは4時間56分の死闘で敗戦。節目の記録を勝利で祝えず「負けたので自分の投球はどうでもいい」と悔しさをにじませていた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2011年5月20日のニュース