夏の甲子園決勝、史上初の午前9時半プレーボール

[ 2011年5月19日 06:00 ]

 日本高野連は18日、第93回全国高校野球選手権大会(8月6日から15日間、甲子園)の臨時運営委員会を開き、決勝開始を従来の午後1時から午前9時半に変更すると発表した。

 97年センバツ決勝を午前10時開始にした前例があるが、夏の選手権決勝が午前中に行われるのは史上初めて。また、開会式のある初日を除いて1回戦から準決勝までの第1試合開始時刻を午前8時とする。ナイターの回避とともに電力消費がピークを迎える午後1時から午後3時の試合を回避するのが目的で、高野連の山口雅生事務局長は「要請ではなく、主催者としての判断。全国的な取り組みの一環として大会の枠組みの中でできることを検討しました」と説明した。

 開会式は予定通り午前9時から行い、センバツでは時間短縮のため行われなかった入場行進も実施する。鳴り物による応援の自粛もせず、開会式には被災地の野球部員を招待し、球場で流す大会歌「栄冠は君に輝く」を収録した岩手、宮城、福島3県の高校生の一部が合唱する。また、選手が使用するヘルメットには「がんばろう!日本」のシールを貼り、復興へのメッセージを送ることになった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2011年5月19日のニュース