石川 通算100勝達成「なんとか一人で投げきりたかったんですが…」

[ 2011年5月14日 16:46 ]

通算100勝を達成し、宮本(右)と握手するヤクルト・石川

セ・リーグ ヤクルト2―0横浜

(5月14日 横浜)
 ヤクルトの石川が通算100勝目を挙げた。

 8回までわずか4安打無四球の好投。9回、完封目前の9回、2死一、二塁となったところで横浜の4番村田を迎えたところで、林昌勇に後を託した。

 「なんとか一人で投げきりたかったんですが、なかなかうまくはいかない」と節目の勝利を完封で飾れなかったことに悔しそうだったが、「低めに集めることができ、自分の持ち味が出た」とスライダーを軸にほぼ完璧な投球が出来たことには満足そうだった。

 「一人の力で勝てる数字ではない。しんどい時に家族が支えてくれたから」と感謝の言葉を口にする石川は過去の印象深い勝ち星を問われ、なぜか昨季の開幕6連敗のことを口にした。「野球好きな息子が去年、テレビ中継を見たくないと言っていた。かっこいいパパでありたいので頑張る」。家族への恩返しをあらためて誓う節目の到達となった。
 
 通算100勝はプロ野球史上128人目たが、身長160センチ台で達成したのは、広島・長谷川良平投手と石川の2人だけ。ヤクルトでは国鉄時代も含めると、金田、村田、松岡、尾花に次いで5人目。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年5月14日のニュース