バリントン月間MVPに「来日はいい決断だった」

[ 2011年5月11日 06:00 ]

バリントンは野村監督(左)と談笑

 広島のバリントンが4月の月間MVPに選ばれた。来日1年目の開幕月の受賞は1995年のブロス(ヤクルト)以来、16年ぶり3人目。

 1完封を含む3勝を評価されての受賞に「とても光栄。(来日は)いい決断だったと思っている。自分の投げた試合では野手がよく守って、打ってサポートしてくれた。チームがいい状態である証し」と笑顔を見せた。登板予定だったこの日の阪神戦は雨天中止となったが、11日へスライド登板が濃厚。「1日、2日のズレは良くあること。スケジュールに合わせることが自分の仕事」と問題なしを強調していた。

 ▼楽天・岩隈 いろんな思いを持ってのマウンドで手にした3勝。東北の皆さんに勇気を与えることができたと思う。(エース対決に勝利しての3勝に)どのチームもエースだったので大きな勝利だったと思う。スタートからいい形で勝たせてもらっている。

 ▼ソフトバンク・内川 移籍前と違いレギュラーが完全に自分のものではなかった。結果が出なければ使ってもらえない気持ちでやりました。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2011年5月11日のニュース