続く貧打…落合監督「あと50負けられる」

[ 2011年5月8日 06:00 ]

<中・巨>8回の攻撃前、円陣を組んだ中日ナインだったが…(右端が落合監督)

セ・リーグ 中日1-2巨人

(5月7日 ナゴヤD)
 2戦続けての貧打に指揮官も苦笑いを浮かべるしかなかった。前日が4安打無得点、この日は5安打1得点で宿敵・巨人に連敗。中日・落合監督は会見場に入るなり「これで今年何敗だ?」と報道陣に逆取材した。

 「11敗目?そんなもんか。あと50は負けられるな。その間になんぼ勝つかだな」

 好投のネルソンを見殺しにした。開幕投手も務めた右腕は8回まで3安打1失点と力投したが味方打線が6回以降無安打。こらえ切れず9回先頭の坂本に決勝ソロを浴び「たった1球で試合に負けて悔しい」と振り返ったが、敗因は打てなかったことに尽きる。

 昨季はナゴヤドームでのロースコアのゲームで圧倒的な強さを発揮した落合竜。得意の試合展開に持ち込みながらの連敗は、楽観視できない。

 ▼中日・グスマン(4打数無安打)1年目はとても難しいものだが、プロだから言い訳はしない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年5月8日のニュース