我慢の投球 黒田 3勝目「自分でもびっくりした」

[ 2011年4月25日 08:34 ]

 ドジャースの黒田は敵地シカゴでのカブス戦に先発し、2連敗後の今季3勝目を挙げた。6回2/3を9安打3失点で、チームは7―3で勝った。

 黒田は一回に2点を失う苦しい立ち上がりだったが、味方打線の援護もあり、七回途中までで7三振を奪って我慢強く投げた。

 ▼黒田の話(一回の2失点は)5点取ってもらって、守りに入ったというか、ストライクを集めすぎた感はある。スプリットが良かった。それがきょう抑えられた要因だと思う。思ったよりも空振りが多かったので、自分でもびっくりした。それで前半はスプリットを軸にしたので、後半まで投げ切れたと思う。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年4月25日のニュース