2失策から失点…雨模様も指揮官「言い訳にならん」

[ 2011年4月25日 06:00 ]

<ソ・ロ>6回途中で降板した光原(左)

パ・リーグ ロッテ3-5ソフトバンク

(4月24日 熊本)
 ロッテは2失策が失点につながり連敗を喫した。初回1死三塁から三遊間のゴロをさばいた荻野貴が一塁へ悪送球。2―3の7回には、川崎の三塁方向への打球を処理した古谷の一塁送球が大きくそれた。

 一気に三塁まで進まれ、続く本多に適時打を浴びた。荻野貴は「踏ん張れず、上体だけで投げてしまった」とガックリ。雨でグラウンドはぬかるんでいたが、古谷は「できるプレーを確実にやらないと」と肩を落とした。西村監督は「言い訳にならない。しっかりやらないと」と険しい表情だった。

 ▼ロッテ・光原(オフにオリックスから移籍。今季初先発で5回1/3を3失点)最低限の仕事ができてホッとしている。

 ▼ロッテ・ロサ(8回を3者三振斬り。前日にサヨナラ打を浴びた雪辱果たす)コーチや里崎さんと話して切り替えたので、いい投球ができた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年4月25日のニュース