摂津、先発で初勝利!乗ってきたソフト4連勝

[ 2011年4月25日 06:00 ]

<ソ・ロ>8回3失点で勝利した摂津

パ・リーグ ソフトバンク5-3ロッテ

(4月24日 熊本)
 摂津が8回3失点で先発転向後初勝利を挙げた。「いい流れを崩さないようにと投げた」。チームの連勝を4に伸ばし、安ど感をにじませた。

 3併殺打を含む12の内野ゴロを打たせ、24アウト中15アウトを奪い「こういう投球を続けていれば勝てるんだなと感じた」とうなずいた。地元・熊本で勝利をプレゼントされた秋山監督も「先発として体もなじんできたんじゃないか」と評していた。

 ▼ソフトバンク・ファルケンボーグ(2セーブ目。馬原に代わる抑えに)8回に投げても9回に投げてもやることは同じ。

 ▼ソフトバンク・小久保(初回に通算350二塁打で連日の決勝打)場内アナウンスを聞くまでは知らなかったが、よく積み重ねてきましたね。

 ▽小久保(ソフトバンク)通算350二塁打 24日のロッテ2回戦(熊本)の初回に光原から放って達成。プロ野球31人目。初二塁打は前身のダイエー時代の94年4月10日のオリックス戦で野田から。

 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年4月25日のニュース