福井、白星スルリ…救援陣打たれ「しようがない」

[ 2011年4月25日 06:00 ]

<広・ヤ>ヤクルト打線を相手に6回2失点と好投した福井

セ・リーグ 広島3-8ヤクルト

(4月24日 マツダ)
 2勝目がスルリと逃げた。広島のルーキー・福井が6回3安打2失点。代打が送られた6回の攻撃で味方が逆転し、一度は勝利投手の権利を手にした。しかし救援陣が崩れて逆転負け。

 チームも首位から陥落したが「しようがないです。後の投手にいつも頑張ってもらっていたので」と話した。直球の最速は146キロをマークする一方で、失点した4回の3四球など計5四死球。それでも「前回も落ち着いていたが、だいぶ慣れた。2死からの無駄な四球をなくしたい」と冷静に振り返った。

 ▼広島・大野投手チーフコーチ(福井について)テンポ、リズムは悪くない。試合をつくれるだけの投球はしてくれている。

 ▼広島・青木(1点リードの7回2死二塁で畠山に逆転2ランを浴び)一番やってはいけないことをしてしまいました。初心に戻って一からやり直します。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年4月25日のニュース