小谷野、援護のV弾に笑み「手応えありました」

[ 2011年4月25日 06:00 ]

<楽・日>5回無死、小谷野が左越えに勝ち越しソロを放つ

パ・リーグ 日本ハム5-3楽天

(4月24日 ほっと神戸)
 日本ハム打線は先発全員の15安打で斎藤を援護。試合の流れを決めたのは4番・小谷野の一振りだった。

 同点の5回無死。2ボール2ストライクから2球ファウルで粘り、7球目のスライダーを左翼席に運んだ。「少しこすった感じだったけど、手応えはありました」。2試合ぶりの一発は決勝2号ソロ。斎藤に2勝目をもたらす一発に満足そうな笑みを浮かべていた。

  ▼日本ハム・中田(5回に6試合連続安打となる左前打。加えてプロ初盗塁で追加点を演出)盗塁はサインです。2軍でも決めたことはない。足が遅いからスタート良くいこうと。勝って良かったです。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年4月25日のニュース