斎藤KOできず…星野監督「いい加減にしろ」

[ 2011年4月25日 06:00 ]

<楽・日>ベンチで不満げな表情の星野監督

パ・リーグ 楽天3-5日本ハム

(4月24日 ほっと神戸)
 楽天打線は2回に山崎、ルイーズのソロで2得点。6回にはルイーズが適時打を放ったが、斎藤をKOするには至らなかった。

 3日の慈善試合(札幌ドーム)で、斎藤から3打席連続安打を記録した松井稼も2打数無安打。3回1死では内角低めのフォークで空振り三振し「前回の対戦と比べて直球が減って、変化球が多かった。低めの際どいところに投げていた」。チームは2カード連続の負け越しで勝率5割に逆戻り。星野監督は「打線が相変わらず優しい。リプレーを見ているようで、もういいかげんにしてほしい」とあきれ顔だった。 

 ▼楽天・岩村(斎藤に対して空振り三振を含む3打数1安打)左打者に対して投げやすそうだった。慈善試合の時は左打者には外角のツーシームが多かったが、きょう(24日)は内角のスライダーが多かった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年4月25日のニュース