早大1年・有原、先輩との対決も「意識しなかった」

[ 2011年4月25日 06:00 ]

<早大・明大>1年生ながら先発した早大・有原

東京六大学野球第3週第1日 早大2―4明大

(4月24日 神宮)
 昨春のセンバツで広陵(広島)を4強に導いた早大1年生右腕の有原がリーグ戦初先発。初回に自己最速を1キロ更新する151キロを計測したが、1―1の6回1死二、三塁から勝ち越しの2点適時打を許し、敗戦投手となった。

 広陵の先輩・野村との投げ合いには「相手を意識せずに投げました。緊張もしなかった」と話したが、6回に先頭から連続四死球を与えたことには「先頭を出せば点を取られる」と悔やみきれない様子だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年4月25日のニュース