緊急先発のドラ1須田、緊張も今後に期待の力投

[ 2011年4月22日 22:12 ]

セ・リーグ 横浜3―4阪神

(4月22日 甲子園)
 横浜のドラフト1位ルーキー須田が、プロ初登板で力投した。先発予定だった真下が虫垂炎となり、1軍昇格したこの日の午後1時に急きょ先発を告げられたという。「緊張して自分の投球ができなかった」と2、3回に1点ずつを失ったが、4回以降は立ち直った。

 7回に救援したハミルトンが同点本塁打を浴びた時点で初勝利はなくなったが「真っすぐは通用する。低めにいけば打たれない」と納得の表情。尾花監督も「ローテーションで回ってくれれば」と期待を寄せた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2011年4月22日のニュース