松坂が立ち直るきっかけ 倫世夫人の言葉だった

[ 2011年4月20日 07:07 ]

松坂投手夫人の倫世さん

ア・リーグ レッドソックス9―1ブルージェイズ

(4月18日 ボストン)
 【記者フリートーク】最後に松坂がこだわったのは、打者に向かう姿勢を出すこと。そのきっかけは倫世夫人(36)の言葉だったという。「周囲に気を配りすぎていると。マウンドではわがままなくらいでいいと思えた」。午前11時5分開始のデーゲームに備え、数日前から午前7時に起床した自分を気遣ってくれた夫人に感謝の思いしかない。

 今季、本拠地球場のテーマ曲に選んだのはEXILEの「24karats STAY GOLD」。本物をつかむ強い意志が歌詞に含まれている。「答えを見つけ、支えてくれる人を元気づけられる投球をしたい」。松坂は次回23日(日本時間24日)エンゼルス戦へ気持ちを向けていた。(大リーグ担当・倉橋 憲史)

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2011年4月20日のニュース