先輩の記録止めてしまった俊介「申し訳ない」

[ 2011年4月16日 06:00 ]

<中・神)>8回2死一塁、代打・金本の時、一塁走者・俊介は二盗に失敗

セ・リーグ 阪神5―4中日

(4月15日 ナゴヤD)
 思った以上に長く感じたかもしれない。終始うつむきながら阪神・俊介はバスへと続く通路を歩いた。8回の盗塁企図がサインだったかという報道陣の質問に「ちょっとそれは…」と口を閉ざした。広陵の先輩・金本の連続試合出場ストップについても「とにかく申し訳ないです」と消え入るような声で繰り返した。

 だからこそ悔やまれる。勝利をたぐり寄せたのは間違いなくこの男だった。4回の第2打席。1死から朝倉が投じた133キロの直球を振り抜いた打球は一直線に左翼席に着弾した。「よかったとは思うけどホームランを求めてはいないので」。本人は謙虚だったが、プロ2本目となる今季1号で貴重な1点を叩きだした。さらに第3打席も右翼の前にポトリと落ちる二塁打で2試合連続のマルチ安打を記録。開幕からチーム唯一の4試合連続安打で打率は・538まで上昇した。

 ジェットコースターのような1日を象徴するように守備では5回に森野の飛球を落球するタイムリーエラーも犯し「グラブに当たったので絶対に捕らないと」と悔しがった。苦い1日を糧に俊介は強くなるしかない。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年4月16日のニュース