震災に原発…春季東北大会の初の中止に 宮城、福島は県大会も

[ 2011年4月9日 13:15 ]

 東北6県の高校野球連盟は9日、宮城県で6月9日から5日間の日程で開催予定だった高校野球春季東北大会の中止を決めた。東日本大震災や福島第1原発の事故の影響が理由。高野連関係者によると、春、秋を通じて東北大会が中止になるのは初めて。

 通常、春季東北大会には各県の代表3校ずつの計18校が出場。各県大会については、福島県が9日に中止を決定した。宮城県は中止の方向で検討。岩手県は19日までに結論を出す。青森、秋田、山形3県は予定通り実施する。

 夏の甲子園代表校を決める各県大会は、開催する方向で一致した。
 福島県高野連の宗像治理事は盛岡市内で記者会見し「県大会を開催できないところがあれば、東北大会は中止すべきという見解で一致した」と話した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年4月9日のニュース