東海大相模11年ぶりセンバツV!九州勢4連覇阻んだ

[ 2011年4月3日 14:20 ]

<九州国際大付・東海大相模>選抜高校野球大会で優勝し、マウンドで抱き合って喜ぶ近藤(左)、佐藤の東海大相模バッテリー

 第83回選抜高校野球大会は3日、兵庫県西宮市の甲子園球場で決勝戦を行い、東海大相模(神奈川)が6―1で九州国際大付(福岡)を下し、初制覇した2000年以来11年ぶり2度目の優勝を果たした。夏を含めると3度目の甲子園制覇で、神奈川勢の選抜優勝は2006年の横浜以来。

 東海大相模は3回1死三塁から3番・田中が右中間へ先制のタイムリー二塁打。4番・佐藤も三遊間を破る左前適時打で続き、2点を先行した。続く4回には内野安打で出た走者を犠打の間に三塁に進め、1番・渡辺の右中間を破る適時三塁打で1点を追加。5回無死一塁からは、4番・佐藤が低めのストレートを左中間スタンドに叩き込む2ランで5―0とし、7回には5番・菅野の右中間スタンドへの大会第16号ソロでリードを広げた。

 投げては左腕・長田とエース近藤のリレーで、九州国際大付の強力打線を1点に抑え、九州勢の大会4連覇を阻止した。

 ▼東海大相模・門馬敬治監督の話 選手たちが一生懸命やってくれた。ありがとうのひと言。感謝です。三好君から何をしてでも点を取ろうという思いだった。1球を無駄にしないように積極果敢なアグレッシブ・ベースボールができた。

 ▼九州国際大付・若生正広監督の話 あと一本が出なかった。ミスが出たら勝てない。三好はホームランを打たれた2球が悔やまれるが、それ以外は疲れている中で完璧な投球だったと思う。一生懸命やってくれた。選手をたたえてあげたい。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年4月3日のニュース