荻野貴1試合2盗塁!2年連続開幕スタメン確実

[ 2011年4月2日 06:00 ]

<オ・ロ>3回1死一塁、荻野貴は二塁盗塁を決める

練習試合 ロッテ2―3オリックス

(4月1日 京セラD)
 昨年5月に右膝を手術したロッテ・荻野貴が今季対外試合で初の1試合2盗塁を決めた。3回、5回に中前打を放ち、いずれも二盗に成功。「きょうはだいぶ良かった。スピードを落とさずに行けた」と笑みを浮かべた。

 昨季はベース付近から飛び込むようなスライディングで25盗塁を記録したが、膝へ負担がかかり故障につながった。再発防止のため「ベースの手前から行くようにしている」と低く鋭い姿勢に改良。外野から転向した遊撃の守備も徐々に安定し、2年連続の開幕スタメンは確実だ。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2011年4月2日のニュース