巨人が募金活動 約3300人が協力

[ 2011年3月23日 20:04 ]

被災者支援の募金活動を行う巨人・内海(左端)ら

 プロ野球巨人が23日、東京都文京区の本拠地東京ドームの正面ゲートと、近くのJR水道橋駅東口で東日本大震災の被災者のために募金活動を行った。活動前からファンの長蛇の列ができ、水道橋駅周辺は一時、大混雑。約3300人から寄付金が集まった。

 選手会長の内海哲也投手や小笠原道大内野手、ラミレス外野手らに加え、今回の震災で祖父母を亡くした星孝典捕手ら16選手が参加。約50分間、募金箱を手に協力を呼び掛けた。内海投手は「こんなに大勢の方が協力してくれるとは思っていなかったので、うれしい。これで少しでも被災者の方が元気になってくれれば」と振り返った。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年3月23日のニュース