新沼は球場で一夜…宮城県内の家族とも連絡取れず

[ 2011年3月13日 06:00 ]

 宮城出身の横浜・新沼、江尻は、この日も同県内に住む実家の家族、親族らの安否確認に追われた。地震が発生した前日から「家族と誰とも電話が通じない」と語っていた新沼は、結局、球場で一夜を過ごし「まだ確認が取れない」と沈痛な表情。

 午後8時の時点で仙台市西区に実家がある江尻は家族ら全員が無事である確認が取れたが、石巻市が実家の新沼は母親と連絡がついていない状況だ。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年3月13日のニュース