ノーラン・ライアン社長がCEO兼務

[ 2011年3月12日 16:07 ]

 米大リーグのレンジャーズは11日、チャック・グリーンバーグ最高経営責任者(CEO)が辞任し、ノーラン・ライアン球団社長がCEOを兼務すると発表した。

 2人は昨年8月に球団が競売にかけられた際に落札したグループの中心で、ライアン社長はメジャー歴代1位の5714奪三振を誇る。(共同)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2011年3月12日のニュース