数々のチーム記録 2529安打の外野手引退

[ 2011年3月2日 10:49 ]

 米エンゼルスの中心選手として活躍し、2002年のワールドシリーズ制覇にも大きく貢献したギャレット・アンダーソン外野手(38)が1日、現役引退を表明した。

 1995年からエンゼルスのレギュラーに定着したアンダーソンは、出場試合数、安打数、打点などでチーム記録を樹立。09年にブレーブスに移籍し、昨季はドジャースで80試合に出場したが、打率は1割8分1厘と低迷した。通算成績は2529安打、287本塁打、1365打点。(共同)

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年3月2日のニュース