23日センバツ開幕 日大三&国学院久我山が決意

[ 2011年3月1日 06:00 ]

 第83回選抜高校野球大会(毎日新聞社主催、23日から12日間、甲子園)に出場する日大三、国学院久我山の両校が28日、東京都庁を表敬訪問した。

 佐藤広副知事が「両校が決勝まで勝ち残って東京に優勝旗を持ち帰ってほしい」とあいさつすると、昨春センバツ準優勝の日大三・小倉全由監督は「昨年以上の優勝を勝ち取れるように頑張りたい」と宣言。MAX147キロ右腕のエース吉永も「持ち味を生かして一戦必勝でやりたい」と力を込めた。一方、過去春夏計4度出場で未勝利の国学院久我山・高良武士監督は「まずは甲子園で1勝。そして秋の都大会決勝で負けた日大三と戦いたい」とリベンジを誓っていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年3月1日のニュース