オリックス「阪急&近鉄の復刻ユニ」計画

[ 2011年3月1日 06:00 ]

 オリックスは今季の数試合で、阪急と近鉄の復刻版ユニホームを着用する計画が浮上している。今季のキャッチフレーズは「新・黄金時代へ」。阪急、近鉄の伝統を受け継ぎ、新たな伝統を築いていこうという意思の表れだ。

 着用の時期について球団関係者は「未定」としたが、交流戦で着用する可能性が高い。昨年5月には「がんばろうKOBEデー」としてオリックスが優勝した95年の復刻版ユニホームでプレーし、好評を博しただけに実現の可能性は高そうだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年3月1日のニュース