古巣と今季初対外試合 松井「準備はできている」

[ 2011年3月1日 06:00 ]

軽く体を動かす松井

 アスレチックス・松井は、1日おきに試合に出場させるチームの方針に従い、オープン戦初戦の遠征には同行せず。ひょうが降るほど冷え込む中、キャンプ地に居残って屋内の打撃ケージで約80スイングと打ち込んだ。

 昨季は左膝の状態を考慮して、オープン戦初出場はチーム5戦目。今年はすでに紅白戦を2試合消化しているだけに、「ある程度の準備はできている。試合ができる体だと思う」と手応えを感じている。

 28日(日本時間3月1日)のエンゼルス戦ではDHで2、3打席立つ予定。昨季まで所属したチーム相手に今季初の対外試合に臨む。今オープン戦の目標は50~60打席。「試合で反省点がいろいろ出るでしょうから、自分なりにチェックしていけばいい」と、前向きに話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年3月1日のニュース