プホルス“Aロッド超え”ならず…交渉決裂FAに

[ 2011年2月18日 06:00 ]

 カージナルスは今季で契約切れとなるアルバート・プホルス内野手(31)と、来季以降の契約延長が合意に達しなかったと発表した。

 01年から10年連続で打率3割、30本塁打、100打点をマークしているスーパースターは、今季終了後にFAとなる見通し。米メディアによると、プホルスは08年から総額2億7500万ドル(約231億円)の10年契約を結んだA・ロドリゲス(ヤンキース)を上回る契約を求めていたという。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年2月18日のニュース