楽天ドラ2美馬、1回零封…守護神の座へ前進

[ 2011年2月14日 06:00 ]

<楽天紅白戦>紅組3番手で登板した美馬は武田久ばりのフォームで1回を1安打無失点に抑える

楽天紅白戦 白組2―0紅組

(2月13日 久米島)
 最速153キロ右腕がいきなりエンジン全開だ。楽天のドラフト2位・美馬(東京ガス)が紅白戦に初登板し1回を1安打無失点。最速147キロの直球を披露し、守護神の座へ大きく前進した。

 「思ったよりも緊張しなかった。この時期で147キロは出てるほうです」。1メートル69の小柄がハンデになるどころか、武器にする。安打を放った丈武だが、初球の外角高め146キロ直球を空振りし「低い位置から浮き上がってきた」という。さらに守護神向きの強心臓。2死一塁で大広をスライダー3球で追い込み、嶋からスライダーを要求されると首を振った。「真っすぐで押したい」。145キロ直球で空振り三振を奪い「気持ち良かった」と会心の笑みだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年2月14日のニュース