サムスン監督もべたぼめ ちゃっかりサインおねだりも

[ 2011年2月14日 06:00 ]

練習試合 韓国サムスン6―1日本ハム

(2月13日 名護)
 サムスンの柳仲逸(リュ・ジュンイル)監督は斎藤について「スピードよりコントロールが印象的。体格は大きくないけれど、いい投手になると思う」。指に引っかかった直球を「2ストライクから落ちる球で三振を取る能力は凄い」と評したが、投手としてのまとまりを評価した。

 試合は逆転勝ち。指揮官は「これだけのお客さんが集まって選手もいい緊張感の中でプレーできた」と振り返った。黄金ルーキーのデビューのお相手。フィーバーに便乗?し、球団スタッフが韓国製の公式ボール1ダースを関係者に手渡して「斎藤、サイン」とちゃっかりお願いするシーンもあった。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年2月14日のニュース