中田音なし…でも内容は「悪くなかった」

[ 2011年2月14日 06:00 ]

<日本ハム・韓国サムスン>6回2死、大きな当たりの中飛に終わり、苦笑いしてベンチに戻る中田(左)。右は清水コーチ

練習試合 韓国サムスン6─1日本ハム

(2月13日 名護)
 前日の練習試合で2本塁打を放った日本ハム・中田だったが、この日は初回、6回と惜しい飛球をフェンス際で捕られた。

 それでも4回無死一塁では遊撃内野安打で好機を広げ、「あの遊撃へのゴロをのぞけば、他のフライは悪くなかった。しっかり脇を畳んで打てた。スイングの形、球の見極めともにいいと思う」と内容への手応えを口に。左翼から見た斎藤のデビューには「遠くてよく分からなかったけど、でも凄いなとは思いました」と雰囲気を感じ取っていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年2月14日のニュース