新外国人ライアル 広角打撃でアピール

[ 2011年2月8日 19:10 ]

 巨人の新外国人のライアルが広角な打撃でアピールした。昼休みの30分を使っての打撃練習で内角球は左、外角は右にと打ち分け、90スイングで9本の柵越えを披露。バントや進塁打の練習ではまごついただけに、亀井や大田に負けじと必死だ。

 「コースに合わせて打つ意識。だんだん慣れてきたね」と前向きに話した。三塁手争いについて、原監督は「火花を散らして切磋琢磨してくれればいい」と激しい競争を歓迎した。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年2月8日のニュース