中田2安打 オビスポ打ち「あれが一番良かった」

[ 2011年2月8日 19:02 ]

 日本ハム・中田が紅白戦で2安打を放った。1打席目は適時二塁打を左中間に運び、続く打席ではオビスポから左前打。ともに内角球をうまくさばき、中田は「フォームをうまく意識できた」と納得の表情だった。

 脇の使い方を意識しながらバットを振り込んでおり、その成果が実感できた様子。特にオビスポからの一打を喜んでおり「肘をたたんで、あれが一番良かった」と満足げ。梨田監督も「インコースを攻められながら三遊間を破ったり、少しずつ良くなってきている」と評価した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年2月8日のニュース