“1本足”で9発…王会長、ドラ1山下にほれた

[ 2011年2月8日 06:00 ]

ルーキーの山下のティーを見る王球団会長

 ソフトバンクの王球団会長がドラフト1位・山下(習志野)の能力の高さにほれ込んだ。B組(2軍)の練習を視察し、フリー打撃で29スイング中9本の柵越えを放ったルーキーに対し、「今の形を、あれこれ言うことはないよ。案外、打球がふわっと上がるけど、なかなか落ちてこない。楽しみだよ」と高く評価した。

 王会長とは形こそ違うが、山下も右足を大きく振り子のように上げる一本足打法。長打力に加え強肩、俊足とマルチな能力を誇る将来の正捕手候補は「次はこっち(強肩)も見てほしい」と物おじせずに話した。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年2月8日のニュース