成瀬234球投げ込み…指揮官「任せています」

[ 2011年2月8日 06:00 ]

シート打撃に登板した成瀬は福浦の頭部付近にあわやの投球

 ロッテ・成瀬がフリー打撃に初登板。福浦、里崎らに108球を投じ、その後はブルペン入りして計234球を投げ込んだ。

 今キャンプ一番の熱投に「疲れてから投げるのがきょうのテーマだった。感じも良かった」。フリー打撃ではスライダーと、昨季終盤から本格的に使い始めたカーブを投じた。「カーブは(相手打者に)あるんだと思わせればいい。スライダーは曲がらなかったけど、ブルペンでは良かった」と統一球にも徐々に対応してきた。

 開幕投手の大本命が上々の仕上がりを見せ、西村監督は「心配していない。任せていますから」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年2月8日のニュース