財政危機の国際野球連盟をMLBが3年間支援

[ 2011年1月30日 18:19 ]

 国際野球連盟(IBAF)は29日、ハバナで執行委員会を開き、今年から3年間、米大リーグ機構(MLB)から財政支援を受けることが報告された。金額は明らかにされていない。

 日本野球連盟の担当者によると、IBAFは国際大会の開催などで財政が逼迫し、存続が懸念されるほど深刻な状況にあるという。

 IBAFが主催するワールドカップ(W杯)は今年9月下旬から10月上旬までパナマで行われることも決まった。(共同)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年1月30日のニュース