星野楽天 休日&夜間練習2年ぶり復活

[ 2011年1月22日 06:00 ]

談笑する楽天の星野監督(右)と田淵ヘッドコーチ(中)

 楽天は21日、仙台市内のホテルでスタッフ会議を開き、2月1日から19日まで沖縄県久米島で行う春季キャンプで、昨年は禁止されていた休日練習と夜間練習の2年ぶり復活を決めた。

 熱血指導が身上の星野監督が、選手の練習意欲を止めるはずがない。昨季ブラウン監督は「休日に練習する力を残しておくのなら、練習日に全ての力を出してほしい」と原則的に練習時間以外の練習を禁止したが、田淵ヘッド兼打撃コーチは「練習したい選手がいればやらせるのは当然。もちろん、コーチも選手の練習には付き合うよ」と星野監督の考えを代弁した。

 会議で星野監督は大リーグから日本球界に復帰した松井稼と岩村の1軍スタートも決定。当初は実績あるベテラン組として、山崎らと同様にマイペース調整ができる2軍キャンプスタートさせる案もあったが「みんなに三遊間は見てもらいたいからな。若手に彼らの考え方、理論を学んでほしい」と説明した。

 会の冒頭では「選手の心に火を付けよう!」と呼びかけた。野球漬けの日々が始まるのも、もう間もなくだ。闘将がいよいよ戦闘モードに入ってきた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2011年1月22日のニュース