石川 秋田を強くする?おにぎりプロデュース

[ 2011年1月10日 06:00 ]

秋田の冬季国体イベントに出席したヤクルト・石川。選手団のために自らプロデュースしたおにぎり「鹿角の元気球!」を手にPR

 秋田スポーツ大使のヤクルト・石川が、都内で行われた「あきた鹿角冬季国体」イベントに参加。

 鹿角産のブランド米「淡雪こまち」などを使って自らプロデュースしたボール形おにぎり「鹿角の元気球!」を披露した。「スポーツで秋田を元気にしたい」という石川は、97年に自身が秋田商のエースとして勝って以降、13年連続初戦敗退している夏の甲子園にも言及。14年連続だとワースト記録になるだけに「高校球児にも食べてもらいたい。新たなお守りも考えたい」と話していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年1月10日のニュース