社会人野球 新タイブレークは12回以降

[ 2011年1月10日 06:00 ]

 社会人野球を統括する日本野球連盟(JABA)は9日、静岡県熱海市内で指導者研修会を行い、麻生紘二規則審判委員長が今季から導入予定の新タイブレーク方式の変更案などを説明した。

 現行では延長11回から行ってきたが、試合時間が短縮化されてきたことで12回以降に変更。また「1死満塁で前の回から継続した打順」でスタートしていた部分も、国際大会の規則に準拠し「無死一、二塁からどの打順でも」に変更することも検討しているという。2月の評議委員会で承認されれば正式決定する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年1月10日のニュース