興南・島袋ら甲子園経験者4人が中大合格

[ 2010年12月10日 06:00 ]

 東都大学リーグ1部の中大は9日、別表の通り推薦合格者14人を発表した。史上6校目の春夏連覇を達成した興南(沖縄)のエース島袋洋奨投手、慶田城開外野手ら甲子園経験者は4人。

 中大は巨人にドラフト1位で入団したエースの沢村らが抜けるため、来季の投手陣は横一線の争いとなりそうだ。中大野球部は新役員も発表。主将には杉沼慶外野手(3年=秋田中央)が就任する。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年12月10日のニュース