尾花監督“掘り出し者”発掘へ異例の直接視察

[ 2010年11月25日 06:00 ]

資料に目を通しながらトライアウトを視察する横浜・尾花監督

 戦力外となった選手を対象とした今オフ2度目の12球団合同トライアウト(入団テスト)が24日、17選手が参加してヤフードームで行われた。

 12球団の編成担当者が見守る中、横浜は尾花監督が駆けつける熱の入れよう。球団フロントとバックネット裏で視察した尾花監督は「直接見た方がいいから。これから編成と検討します」と真剣な表情で新戦力候補をチェックした。球団幹部は「左投手、右打者は欲しいところ」としており、中堅フェンス直撃二塁打を放った元ソフトバンク・吉川、両打ちで器用さのある元阪神・大城に興味を示した。最下位から浮上を狙う横浜が、異例の指揮官視察で補強を進める。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2010年11月25日のニュース