松坂代理人が規定違反!?契約のため裏工作か

[ 2010年11月25日 06:00 ]

レッドソックス・松坂の代理人も務めるボラス氏

 米紙ニューヨーク・タイムズは23日(日本時間24日)、大物代理人スコット・ボラス氏(58)の関連会社が、ドミニカ共和国の有望選手や家族に多額の金を貸し付け、代理人契約を有利に進めているとの情報がある、と報じた。

 大リーグ選手会では貸付金は選手会へ申告がない場合、上限を年間500ドル(約4万1500円)と規定。今回はある選手に貸し付けた総額が3年間で7万ドル(約580万円)に上っているとされ、規定に抵触している可能性がある。同氏はレッドソックス・松坂らの代理人を務めている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2010年11月25日のニュース