和田 4億円で更改!球団野手史上最高額に

[ 2010年11月25日 06:00 ]

4億円でチーム野手1番で更改した和田

 中日の和田が、名古屋市中区の球団事務所で契約更改交渉し、新たに年俸変動制の3年契約を結び、来季は1億2000万円増の年俸4億円でサインした。

 「想像以上の評価をしていただいた。ありがたい気持ちもあるけど、しっかりしていかないと」と表情を引き締めたベテラン。年俸4億円は、19日に来季の契約を結んだ巨人・阿部に並ぶ日本人野手の最高額。中日の野手としても07年の福留(現カブス)の3億8500万円を抜く球団史上最高俸だ。
 07年オフに西武からFA移籍し、3年契約の最終年だった今季は2年連続で全試合出場を果たし、自己最多の171安打、37本塁打でリーグMVPを獲得。自身も「この年になっても成長できる余地があることが分かった」と振り返った。だからこそ、球団も41歳シーズンまでの3年契約を提示した。「来年、日本一になるしかない」。まだ大仕事が残っている。

 ≪2番目のスロー到達≫和田が年俸4億円で契約更改。4億円選手は球界15人目で、チームでは08~10年岩瀬(4億3000万)に次ぎ2人目。また、39歳シーズンで初の4億突破は、94年落合(巨)の41歳に次ぎ、07年金本(神)に並ぶ2番目のスロー到達になった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2010年11月25日のニュース