巨人内野手の寺内 捕手に挑戦「何でもやりたい」

[ 2010年11月12日 19:31 ]

 巨人は内野手の寺内が、捕手の練習を本格化させた。12日は初めて防具を着け、ショートバウンドの捕球など基本動作を反復練習。「できることは何でもやりたい。ただ、簡単にはできないと思うので、コツコツ勉強していく」と前向きに話した。

 寺内が捕手をこなせれば、他の野手の選択肢が増えるだけに注目される。指導した村田バッテリーコーチは「もともと守備がうまいしセンスはある。キャンプ中にブルペンでの捕球も一度はさせたい」と期待を寄せた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年11月12日のニュース