雄星 2週間ぶりにキャッチボール再開

[ 2010年9月9日 06:00 ]

 2軍調整中の西武の雄星が、8月下旬以来約2週間ぶりにキャッチボールを再開した。

 約15メートルの距離で30球、感触を確かめながら投げたが、本人は「普通です」とだけ話した。その後は約1時間半、筋力トレーニングをこなした。今季は左肩痛などで5月4日の楽天戦(Kスタ宮城)を最後に実戦登板はなし。7月5日に福岡県内の病院で左肩痛と診断され、同22日のフレッシュ球宴(長崎)を辞退するなどリハビリを続けている。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年9月9日のニュース