日本選抜が帰国 島袋、3冠宣言!

[ 2010年9月9日 06:00 ]

笑顔で話をする東海大相模・一二三(右)と興南・島袋(

 日米親善高校野球で米国を訪れていた日本選抜のメンバーが8日、成田着の日航機で帰国した。

 春夏の甲子園を連覇した興南の島袋洋奨投手(3年)は、現地で2試合に先発し「世界の打者と戦って視野が広がりました」。東都大学の中大に進学が内定し、秋のリーグ戦もチェックするという。26日開幕の国体(千葉)に向けては「公式戦はすべて勝ちます」と98年横浜以来の3冠を宣言していた。また、東海大相模の一二三慎太投手(3年)はプロ志望届について「これから考えます」と話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年9月9日のニュース