ホフマン 18年で前人未到の600セーブ!

[ 2010年9月9日 06:00 ]

通算600セーブを達成したブルワーズのホフマン

 【ブルワーズ4-2カージナルス】ブルワーズのトレバー・ホフマン投手(42)がカージナルス戦で前人未到の通算600セーブを達成した。

 4―2の9回、テーマ曲「ヘルズ・ベルズ(地獄の鐘)」が響く中、マウンドに向かうと、先頭に中前打を許すも二ゴロ併殺と、遊ゴロで試合終了。今季9セーブ目を挙げると両手を高く掲げ、同僚の手荒な祝福に身を委ねた。

 「言葉にならない。これまで取り組んできたことは間違ってなかった」

 今季は42歳の高齢から球威も落ち、開幕から18試合は防御率11・65。6月には抑えをはく奪された。しかし腐らず投球フォームを再構築。その後も代役の新人アクスフォードに「抑えの哲学」を教え込みながら中継ぎで結果を残し、最近29試合は防御率2・63と安定して徐々に最終回を任されるようになった。

 91年に内野手から投手に転向し、伝家の宝刀チェンジアップを武器に93年の初セーブから18年での600セーブ到達。試合後はトレーシー夫人、息子3人とグラウンドで抱き合い、メルビンGMとモッカ監督からは記念品が贈られた。現時点でブ軍との契約延長は難しく、引退説も浮上しているが「すべては今季が終わってから」と笑った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年9月9日のニュース