横浜・江尻が移籍後初勝利

[ 2010年9月9日 22:34 ]

 【横浜10―7巨人】横浜は大崩れしそうな試合を中継ぎ陣が立て直した。1―4の四回を2番手・江尻が三者凡退に打ち取ると、直後に一挙5得点で逆転。弥太郎、真田とつないだ四~八回を1安打に抑え、巨人の反撃をしのいだ。

 日本ハムから移籍後初勝利を記録した江尻は「いつでも自分の仕事をすることしか考えていない。上位に勝てたことに貢献できてうれしい」と笑顔。尾花監督は「中継ぎが抑えたからこそ。彼らには頭が下がる」と感謝した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年9月9日のニュース