青木 200安打へ1試合1本ペースでOK

[ 2010年9月9日 22:08 ]

 【ヤクルト2―9広島】ヤクルトの青木が前田健から3打席連続で二塁打を放ち、今季の安打数は178に。史上初となる2度目のシーズン200安打へ、残り22試合で1試合1本ペースとし「一打席一打席を大事にしないと」と気を引き締めた。

 一方、二回の守備で失点に直結する失策を犯した。Aクラス入りを目指すチームは瀬戸際の戦いが続くだけに「ああいうプレーは悔いが残る」。好投手からの固め打ちにも、手放しで喜びを表すことはなかった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年9月9日のニュース